タイトルどうり、のんびりと気のままに自分が気に入ったアニメやゲーム、コミックなどの記事を載せていく日記です。初心者ですが頑張ります!!よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるもの発見

こんにちは、くまざるです。

今さっきYouTubeを見ていましたら『人権擁護法反対』なる動画を見つけました。

この『人権擁護法案』名前だけですととても良い法案に見えますが、
実は、とても恐ろしい『爆弾』を抱えているのです。

その『爆弾』とは、『言論弾圧』です。

この法案が実際のものとなった場合、つい言ってしまった些細な事ですら、『人権侵害だ!』『差別だ!』
などと言われ人権擁護団体なるものが、『勝手に家に上がりこみ』、
『有無言わさず適当な理由をつけて家の中のものを勝手に押収したり』、
『「事情徴収をするから指定した場所に指定した日時までに来い」などと言ってくる』
のです。
しかも、『令状なし』で。
それだけでなく、上記のどれかひとつでも拒否すると『罰金30万円』になるそうです。

そうなると、我々国民は『違反になるようなことを言ってしまったのではないか』と心配になり、何も言えなくなってしまい、最終的には我々が持つ『言論の自由』が失われてしまいます

ここまでの説明を読んで『この法案のどこが悪いの?』と思っている方、甘いです。

仮に、免罪だとしても、人権擁護団体は『謝罪する義務はない』などと言って謝りもしないのです。
さらに、裁判に持っていくとしても、自分の自費で行わないといけないのです。

それから、マンガやアニメなども規制対象になるのです。

例えるなら、有名なマンガでありアニメにもなっている『ナルト』や、『ブリーチ』が放送されなくなったり、一部内容が変更されたりするのです。

ここまで読んでくださった、ありがとうございます。
この話に関心を抱いてくれたのなら、『人権擁護法案』で検索するか同様の名目で
YouTubeの動画を見てくださるとありがたいです。

また、『クマザルの説明だけではまだ分からない』という方がいると思われるのでこの記事の最後に
YouTubeに投稿しているkamenraidaa1 さんからお借りしてきました動画を張っておきますので、
是非見てください。

今日はこの辺で、ありがとうございました。

注意:このブログでは『人権擁護法案』に関しての意見回収は行っていません。
大変申し訳ないのですが『人権王後法案』に関しての専門サイトの方へ行っていただけると
助かります。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。